最終選考作品

今回、中編18作品・短編8作品、
【計:26作品】が最終選考に選ばれました。

結果発表


ノミネート作品は順次発表いたします。
楽しみにお待ちください。


寄り鯨の声を聴く
監督名
角洋介
上映時間
17分

高校2年生のユーキは、気づけば学校に行けなくなってしまっていた。自分でもどうしたらよいか分からず茫然と過ごしていたある日、従姉妹のエリコが訪ねてくる。海獣学者のエリコは、鯨のストランディングの調査にユーキを連れ出すことにする。

雨のまにまに
監督名
金澤勇貴
上映時間
6分

18歳、6月、雨の放課後。ーー18歳、6月、帰り道。これはきっと、普通のこと。 例えばもっと特別な、甲子園を掛けた試合とか、コンクールメンバーの発表とか、志望校の合格判定とか、 今、そういうのと対峙している人からしたら、こんなのきっと、取り留めもないこと。けど、私にとっては特別なこと。今日は、アイツの誕生日。

地蔵に願いを
監督名
田中大志
上映時間
30分

ツクルは3ヶ月前に東京から田舎に越してきたばかりの中学1年生。同級生で移住者の先輩であるトオルに誘われて、「絶対に探しちゃいけないお地蔵様」を探しに行くことになる。このお地蔵様は地蔵盆の日に見つけると、ひとつだけ願いが叶うらしい。地蔵探しの案内役として地元っ子の同級生マモルが加わり、3人で地蔵盆の日に森へ入って行くのだが、道に現れた不思議な鳥居をくぐった後、道に迷ってしまう…。

大食い大好き大石さん
監督名
田中亮丞
上映時間
23分

学校ではいじられ、何故か先生からも怒られ、家に帰っても誰もおらず、おまけに親は目にマスクをした「メシア」を崇拝する新興宗教に入っている冴えない中学生・菊丸。同じクラスで体の小さい大石さんに誘われ、何も言われず連れてこられたのはデカ盛り飲食店。菊丸の前に運ばれてきたデカ盛りを大石さんは見事に完食した。菊丸は大食いする大石さんを撮影し、ネットにあげれば冴えない日常が変わると考え、2人でデカ盛り店に挑戦する。

最終選考作品-中編-

1 .

エントリーNO:231017104505

『ミヌとりえ』

全辰隆

2 .

エントリーNO:231017104506

『客観的恋愛談』

全辰隆

3 .

エントリーNO:231113233723

『駆け抜けたら、海。』

十川雅司

4 .

エントリーNO:231115003007

『寄り鯨の声を聴く』

角洋介

5 .

エントリーNO:231115124335

『まるで惑星』

シェークMハリス

6 .

エントリーNO:231117063435

『清水哲夫は振り向かない』

相吉マサキ

7 .

エントリーNO:231120163642

『じゃあね!また明日。』

金澤勇貴

8 .

エントリーNO:231120210014

『super sunset』

沖田かおり

9 .

エントリーNO:231121061959

『君の僕の詩』

内田初

10 .

エントリーNO:231123184521

『バードマン』

曽田詩織

11 .

エントリーNO:231124191456

『家族のバースデイ』

二野俊太

12 .

エントリーNO:231210143144

『ヒコットランドマーチ』

山村武大

13 .

エントリーNO:231213110522

『「わたし、あなた」』

犬童一利

14 .

エントリーNO:231218180445

『内部告白』

坂本 直季

15 .

エントリーNO:231218191110

『NEO PORTRAITS』

GAZEBO

16 .

エントリーNO:231221115435

『地蔵に願いを』

田中大志

17 .

エントリーNO:231223220546

『僕の愛しきミ・アモール』

藤井暉大

18 .

エントリーNO:231221090652

『大食い大好き大石さん』

田中亮丞

最終選考作品-短編-

19 .

エントリーNO:231120163641

『雨のまにまに』

金澤勇貴

20 .

エントリーNO:231130171836

『マンガガールズ』

大門 嵩

21 .

エントリーNO:231209030101

『クジラの背中で話すコト』

門田樹

22 .

エントリーNO:231209030102

『カレーの匂いがした』

門田樹

23 .

エントリーNO:231215174219

『リトルフィッシュ』

加藤悦生

24 .

エントリーNO:231216161522

『風光る』

寺尾都麦

25 .

エントリーNO:231223214942

『パステロルナ』

山本大策

26 .

エントリーNO:231224104225

『夏の日』

岩崎賢作

最終選考の中から
ノミネート作品が選ばれ、
本映画祭で上映されます。

選考作品を楽しみに
お待ちくださいませ。